築年数が経過しているマンション物件の売却はできるの?

 

 

マンション売却

築年数が20年も経過しているから、買う人なんているわけないよな・・。

 

そんな風に思ってしまい、自分のマンションの売却に対して自信を持って臨めない人が多いです。
中古マンションの売却は、一生に一度経験するかしないかというケースが多いでしょう。

 

でも実際には、中古マンションに対するニーズは多いものです。

 

買う側の立場の人から見れば、あなたの中古マンションが手頃で実際に住んでみたいと思われる可能性は十分にあります。

 

中古マンションを売る人の事情も様々であれば、買う人の事情も様々なんです。

 

なぜ中古マンションを購入しようと考えているのか?について見ていきましょう。

 

新築に比べて値段が手ごろ

 

やっぱり中古マンションの魅力は何といっても、新築に比べて価格が安いということです。どうしてもそのエリアに住みたいのだけど、「手頃な物件がない」、「新築のマンションを購入するほどの経済力がない」などの考えを持っている人がいます。

 

例えば、40代になってから20年以上のローンを組んで3,000万円の新築物件を購入しようとするのは、リスクも高いですよね?でも、そのエリアに事情があって住みたい。そんな条件の人が、あなたの中古マンションを買ってくれる可能性があります。

 

離婚や死別などで今の家を出て新たなマンションに住もうと考えている

 

離婚や死別、子供たちの独立などを理由にした住居の変更などもあります。5LDKの物件に住んでいるけど、2人で暮らす分にはどうしても広いですよね。

 

例えばローンが残っている場合、その金額をいつまでも広すぎる家のために負担するよりも売却してしまおうと考える人もいます。その場合の新たな住居として、中古マンションを選択肢にするのです。

 

郊外の住宅から中心地に住んで利便性を高めたい

 

住んでいた一戸建て住宅は駅から遠いので、より駅に近い中心地に住みたいという思いを持っている人です。資金との関係で中古マンションも選択肢に入ってくるのですね。駅から遠いと通勤するのがつらいので、少しでも日々の移動時間を減らしたいと考えている人もいるでしょう。

 

同じマンションだけどもう少し広めの部屋に住みたい

 

意外と多いのが、同一のマンション物件の購入希望者です。「今の部屋は2LDKだけど、子供が増えたので4LDKの部屋にしたいな・・・。」こんな希望を持っている家族もいます。生活拠点を変えると、子供転校などの人間関係なども変わってくるので同じ場所から移りたくないという気持ちも持っています。

 

このケースだと、すんなり売却契約に至る確率が高いです!

 

 

築年数がたっているマンションで気にされるポイントは?

マンション売却

築年数が経過しているマンションで一番気にされるところはズバリ

 

水周りです。

 

水周りはマンションを売る際にかなり重要ですね。
トイレやお風呂、キッチンなどは時代を感じさせる部分でもあるので、
中古マンションを買う人はここの部分を内心気にしています。

 

これらの部分の劣化が、

 

・激しい。または、故障している。

 

という場合は修理やリフォームを考えた方がいいかもしれません。
リフォームをせずとも,
大体の費用でかかりそうな金額だけでも、先に業者さんなどに教えてもらうのもいい
と思います。

 

「リフォームするならいくらいくらというお値段がかかりそうです。」
と答えるだけで、買手も計算をすることができますからね。

 

少なくとも掃除だけはきちんとしておくのがいいです。

 

 

 

 

 

自分のマンションの価格がどの程度になるのか、分からない人は、査定をしてみるのがおすすめです。
無料でいくつかの不動産会社に査定してもらい、あなたのマンションの価値を教えてもらいましょう。

 

査定については、簡単に信頼できる不動産会社へ依頼できるサイトがあります。
詳しくは下記のリンクページで紹介しています。
マンション査定まずはマンションの査定から。机上査定だけでも。

 

 

 

 

よく読まれているページ

 

 

>築年数が経過しているマンションは売れない?