仲介でのマンション売却時に必要な費用

 

不動産会社が仲介の元でのマンション売却をする際には、売れたお金がまるまる自分のものになる訳ではありません。

 

マンションを売却した場合の「手取り金額」は、費用を差し引いた分ということになります。

 

ここでは、売却の際に必要となる費用について解説してます。

 

 

@仲介手数料

 

A司法書士費用

 

B印紙税

 

C譲渡所得税

 

 

仲介手数料についての詳細

 

仲介手数料は不動産会社に払う費用です。

 

金額的に一番大きくなるのが仲介手数料です。(売却代金にもよります)
仲介手数料は仲介をした不動産会社に払うべきお金です。

 

これに関しては
売買代金×3% と認識している人が多いようです。

 

ですが、これは厳密には間違いなんですね。
実際には、

 

売買代金×3.15% + 6万4800円
が正しいことになります。

 

 

さらに、この3.15%という設定は上限の規定になります。
なので不動産会社の中には
仲介手数料を2%まで下げますよ。

 

ということを提案してくる不動産会社もあります。

 

売主さんであるあなたから持ちかけることもできますが、仲介手数料は上限でお支払いすることをオススメします。

 

不動産会社も仕事なので、安い仲介手数料を提案されると

 

「このお客さんの物件は扱っても大して儲からないから適当に活動しよう」

 

と思われるのがまずいからです。

 

司法書士費用

 

司法書士に払う費用です。地域によって実は金額に違いがあります。

 

印紙税

 

売買契約を交わす際に必ず必要になる売買契約書。
この売買契約書締結に必要となる印紙の費用です。

 

修繕積立金は返還されるものなの?

 

マンションを売る時に、疑問になるのが「修繕積立金」についてです。マンション購入後から、改修・リフォーム、リノベーションのためのお金として毎月支払ってきている訳ですが、マンションを売却するとなると、「そのお金返ってくるんじゃないの??」という疑問がわいてきます。

 

しかし、修繕積立金は返還される性質のものではありません。おそらく、あなたのマンションの重要事項説明書などにもそういった約款が記載されているはずです。

 

これまで住んできて、改修のためにお金を払ってきたのに、住替えるとなるとそれまでの費用がムダになってしまう・・・。

 

なんだか釈然としないという気持ちになってしまいますが、残念ながら修繕積立金の費用は返還されません。

 

 

 

マンションの査定はとにかく早めにするのがいいです。
無料で複数社に査定してもらい、あなたのマンションの価値を教えてもらいましょう。
査定については、簡単に信頼できる不動産会社へ依頼できるサイトがあります。
詳しくは下記のリンクページで紹介しています。
マンション査定まずはマンションの机上査定で今のマンションの値段をチェック!

 

 

 

よく読まれているページ

 

>マンション売却時に必要な費用