マンション売却時に必要な費用

 

 

@仲介手数料
金額的に一番大きくなるのが仲介手数料です。(売却代金にもよります)
仲介手数料は仲介をした不動産会社に払うべき費用です。

 

A司法書士費用
司法書士に払う費用です。地域によって実は金額に違いがあります。

 

B印紙税
売買契約を交わす際に必ず必要になる売買契約書。
この売買契約書締結に必要となる印紙の費用です。

 

C譲渡所得税
売買金額に対しての税金です。
税金は、売買した代金から控除された金額に課せられます。

 

 

仲介手数料についての詳細

仲介手数料は不動産会社に払う費用です。

 

これに関しては
売買代金×3% と認識している人が多いようです。

 

ですが、これは厳密には間違いなんですね。
実際には、

 

売買代金×3.15% + 6万4800円
が正しいことになります。

 

 

 

さらに、この3.15%という設定は上限の規定になります。
なので不動産会社の中には
仲介手数料を2%まで下げますよ。

 

ということを提案してくる不動産会社もあります。

 

売主さんであるあなたから持ちかけることもできますが、仲介手数料は上限でお支払いすることをオススメします。

 

不動産会社も仕事なので、安い仲介手数料を提案されると

 

「このお客さんの物件は扱っても大して儲からないから適当に活動しよう」

 

と思われるのがまずいからです。
仲介手数料は不動産会社から提案されない限りはそのままで活動してもらうことを推奨します。

 

 

マンションの査定はとにかく早めにするのがいいです。
無料で複数社に査定してもらい、あなたのマンションの価値を教えてもらいましょう。
査定については、簡単に信頼できる不動産会社へ依頼できるサイトがあります。
詳しくは下記のリンクページで紹介しています。
マンション査定まずはマンションの査定から。机上査定だけでも。

 

 

 

 

よく読まれているページ

 

>マンション売却時に必要な費用