マンション売却とマンション買取の違いは?

 

 

マンションを手放すにあたっては、売却と買取の2種類の形態があります。

 

それぞれのメリット・デメリットについてこのページでは解説しています。

 

中古マンションにおける売却とは?

マンションにおける売却とはどんなことを指すのでしょう?
それは、

 

仲介

 

という形態でマンションを売ることを指します。

 

あなたが、売り手。
買う側は買手。買手は一般のお客様ということになります。

 

仲介するのは不動産会社です。

 

マンション売却 と呼ばれるものは、この仲介を指しますので覚えておきましょう。

 

売却するのは売り手となるアナタ。買手は一般顧客。仲介するのが不動産会社になります。

 

中古マンションにおける買取とは?

 

買取はその名のとおりですが、不動産会社がアナタのマンションを買い取る行為を指します。

 

一般顧客が決まっておらずとも買取してもらえるのが通常です。

 

ただし、買取の場合は仲介で成約となる価格の6割〜7割程度安くなってしまうのが通常です。

 

仲介と買取はどちらがいいの?

 

では、仲介と買取はどちらが良いのでしょうか?

 

金額だけ考えれば仲介の方が良いです。
ただし、希望金額で売れるまでの期間がどのくらいかかるのかは未知数になります。
半年かかるかもしれませんし、1年たっても売れないかもしれません。
こんなリスクをはらんでいます。

 

買取は金額は仲介で売却されるのと比較して6〜7割安くなるのが通常ですが、現金化をすぐにしやすいというメリットがあります。
とにかく、今すぐマンションをどうにかしないといけない!という方は買取を選択するのがよいでしょう。

 

仲介での売却をすぐできる可能性がある方や、時間的制約のない方は、できるだけあなたのマンションを高久買ってくれる顧客を探すのがベターです。

 

 

マンションの査定はとにかく早めにするのがいいです。
無料で複数社に査定してもらい、あなたのマンションの価値を教えてもらいましょう。
査定については、簡単に信頼できる不動産会社へ依頼できるサイトがあります。
詳しくは下記のリンクページで紹介しています。
マンション査定まずはマンションの査定から。机上査定だけでも。

 

 

 

 

よく読まれているページ

 

>マンション売却と買取の違いについて