葛飾区のマンション売却 | 葛飾のマンション査定は値上がりor値下がり?


マンション売却

葛飾区のマンション売却相場をまとめてみました。
実際の売却取引の例をもとに作成しています。
これから葛飾区でマンションを売却する予定のある人は、参考にしてください。

葛飾区ですと、青砥駅や亀有駅、立石駅周辺のマンション売却をする人が多いです。
※直近の過去1年以内のデータ

葛飾区の中古マンション売却 築年数・間取りごとの平均売り価格

葛飾区のマンション売却相場



マンション売却



マンション売却マンションの無料査定サービスはコチラで解説しています。



葛飾区のマンションを売却した人の体験談


葛飾区でのマンションを売却をした人の口コミ情報を紹介しています。
これから葛飾区のマンションを売りたい。
いま自分のマンションの価値ってどのくらいなんだろう?
そんな疑問をお持ちの方は参考にしてください。


売却したマンションの基本情報

売却相場

名前:あきをさん
年齢:34歳
売却金額:1400万円
購入時の価格:3100万円
売却方法:不動産会社の買取
築年数:25年
間取り:2LDK
最寄駅:青砥駅から徒歩約12分
売却にかかった時間:1ヶ月半
売却時期:2017年5月

転勤まで時間がない中での不動産処分

京成線の青砥駅最寄りのマンション(2LDK)を売却しました。

不動産会社の仲介で買主を見つける方法をとりたかったですが、転勤まで残り2ヶ月という短い期間しかないため、途中で断念することになりました。転勤先も東北の山形と非常に距離があるため、手続きのために何度も往復するのは難しいと判断。そのため、素早く不動産をお金に換えられる買取という手法を取らざるをえませんでした。

ローンの残りを払えない場合、現金で賄う必要があります

買取額は1400万円だったのに対し、ローンの残りは1500万円。つまり、100万円が足りません。
ローンを全額返済できない場合、金融機関の抵当権を外すことができないため、マンションを売ることができないという仕組みになっていますから、足りない分のお金は現金で賄う必要がありました。

転勤のせいで本当に踏んだり蹴ったりのマンション売却となりました。


売却したマンションの基本情報

売却相場

名前:mitoさん
年齢:52歳
売却金額:2150万円
購入時の価格:4000万円
売却方法:不動産会社の仲介
築年数:20年
間取り:3LDK
最寄駅:金町駅から徒歩約15分
売却にかかった時間:4ヶ月
売却時期:2017年10月

築20年で約2000万円のダウン

新築から20年住んだマンションですが、不動産査定に出してみたところ、2000万円強という価格の不動産会社が多かったです。新築時より、トイレ、キッチンをリフォームした以外には特に手を加えてない物件なのですが、周辺のマンションの値段と近い評価でした。

査定額と売却額は違うという現実

査定額が出て少し安心してしまったのですが、不動産会社に言われたのが、「査定額はあくまでも私どもの評価で、実際に売りに出してみないと、最終的に売れる金額が今より下がってしまうことがあります。」とのことでした。過去売却されてきた金額などを根拠にしているそうですが、その時に買手がいるかいないかで、結果が変わってしまうということ。特に、私たちのような少し駅から離れたマンションとなると、買手の反応もやや鈍くなる可能性があるとのことでした。

周辺の雰囲気を重視した買主さんが見つかる

売り出すにあたっては、駅からやや距離はあるものの周辺には公園なども多いため、小さな子供を育てるのにも適した場所であることや、閑静な住宅街に位置することなどを、アピールすることにしました。

内覧の申し込みは初回の月で5件ほど、それから2カ月は3件ずつと減ってしまったのですが、最初に内覧に訪れた3人家族の方が購入してくれました。

他の物件と比較して、東京という場所でありながら物静かな場所、治安の良さなどを調べた結果、私たちの物件が一番良いと考えたとのことでした。無事成約して本当に当時は安心しましたね・・・。


売却したマンションの基本情報

売却相場

名前:やまさん
年齢:33歳
売却金額:3700万円
購入時の価格:4400万円
売却方法:不動産会社の仲介
築年数:4年
間取り:4LDK
最寄駅:亀有駅から徒歩約5分
売却にかかった時間:5ヶ月
売却時期:2017年1月

住宅ローン苦のため4LDKマンションを売却

金融系の企業に勤めていたのですが、会社の急激な業績不振に伴い月々12万円のローンを支払うのが苦しくなってきました。

マンションを売却するにあたって、まず家族の理解を得られるかどうかというところも大切になってきます。このことで妻とは連日険悪なムードになってしまい、せっかく購入した東京のマンションを手放したくないという思いが強かったためです。

会社の業績如何によっては、さらに月々の給料やボーナスが減額になる可能性があること。賃貸で今よりは狭くなってしまうけど月々の生活にゆとりを持った方がいいということで、しぶしぶ納得してもらいました。

女性であれば、月々の家計についてシビアになり、生活を楽にすること、将来の設計などを考えているものと思いましたがうちの妻はそうではなかったことが意外でした。

最低でも3500万円の売却が必要

ローンの残債が3300万円。不動産会社に支払う仲介手数料がやく100万円にその他諸費用を加え、新居での生活資金などを考えると最低でも3500万円の売却が必須でした。

査定段階では3500万円〜3800万円という金額が出されました。(複数の不動産会社に依頼したため)
・亀有駅から歩いてすぐということ。
・4LDKで他の中古マンションの競合がその時は少なかったこと。
・築年数が浅く新築物件のような美しさを保っていること。

これらの部分が高額査定につながりました。

購入してくれたのは40代のご家族

実際に購入に至ったのは、40代のご家族です。3人暮らしということですが、もう少し広く東京での住居を探しており、通勤にも便利な私たちのマンションを非常に気に入っておられました。

もうここで決めてしまおう!という旦那さんの言葉で奥様も納得されたようで、とにかくホッとしたのを覚えています。

マンションを売却する側にとっては、次に住む買主さんの存在が非常にありがたかったです
実に5カ月間の時間を要しましたが、希望額よりも200万円高い3700万円で売却でき新生活にもゆとりができました。



よく読まれているページ

> >葛飾区のマンション売却 | 葛飾のマンション査定は値上がりor値下がり?